GoogleMapsAPIsの応用法

  • GoogleMapsAPIsの応用法

    • インターネットやアプリを作るときには、地図機能を使うことが多いです。
      いろいろな建物があり、目的地を利用者に知らせるときに地図以上にわかりやすい物がないからです。そのため、開発者は地図の利用方法に関して熟知していなければいけません。

      地図機能を使うときには、GoogleMapsAPIsを使います。
      一見すると難しそうな感じがしますが、そんなことはありません。


      公式ドキュメントもあり、いろいろな人が使い方をサイトで解説しているので、GoogleMapsAPIsに関する情報はたくさんあります。


      わかりやすいものを参考に開発を進めていくといいでしょう。


      利用方法を確認することも大切ですが、GoogleMapsAPIsを利用するためにはAPIキーを取得しなければいけません。まずは、APIキーを取得することから始めましょう。GoogleMapsAPIsをインターネット上で使うときには、検索ボックスを表示できます。

      地図機能を使ったことがある人ならわかりますが、ユーザーがキーワードを入力して、その結果に関する情報を地図上に表示するものです。

      Google Maps APIsの専門知識を身につけましょう。

      この機能に関してもサンプルのソースがあるので、コピーするだけで利用することができます。



      実際にコードを入力すれば、その意味を理解しながら開発することができるでしょう。



      コードを入力するのが手間だと感じる人は、サンプルをコピーしてしまうといいです。意味さえ理解しておけば、コードはコピーしても問題ありません。